頭のいい人の特徴

頭の良さというのは歴史の教科書の暗記といったものとはちょっと違いますそしてこれは必ずしも外から見てわかるものではありません
普段過ごす友達の数が少なかったり一人ぼっちだったりする人完璧主義だという人はもしかしたら周りの人よりも頭が良いのかも
ひとりでいることが楽しい頭が良い人は仲間と過ごせば過ごすほど人生に対する不満が募るのだとか何だか典型的な人間ってやつとは逆な感じがしますね
これらの研究によれば高い IQ を持つ人は人間関係で気分を損なう休みだそうですよ
それはおよそ15000人の18から28歳の若者を対象に行われた研究でした
最も顕著だった傾向は若い人は他の人と過ごせば過ごすほど満足度が高まるというものだった
一方知能が高いとされる人ではこれが反対の結果を示したんです
研究者はこの現象を説明する仮説をいくつか用意したとのこと最も分かりやすいものは彼らがコミュニケーションを自分がゴールへ向かうプロセスを妨げるものと考えているようだということ結果的に他人と話すより自分の思考に没頭することのほうがずっと大切だと感じるようになるんです
また人類の進化の過程に基づいた仮説も頭のいい人は適用のキャパが広いため現代世界に適応しやすいんです
そのため彼らはその他の人に比べ他人の助けが入りませんそんなわけで集団行動をする必要がなくなるんです
歴史的に言えば私たちの先祖が集団行動をしたのは生存のためまた心の知能指数という概念も存在しこれは自分自身に正直になりつつ自分自身を客観視できるかどうかというもの俺が高い人は集団行動をすることによって後悔や不満退屈や言葉狩りなどにあう傾向が強くなります
芸術家宗教家族関係などに対する彼らの視点は認められない脅威または聴く人には刺激が強すぎると捉えられやすくなります
そのため知能が高い人は社会的なつながりを維持するのが大変なんですしかし大切なのは友達とのコミュニケーションを楽しむ行為は人を馬鹿にはしないということ
適応力の高い頭のいい人が他人との関係を楽しむことを覚えたとき彼らは不満を感じなくなったんです
まあとにかく誰か身の回りに一人でいるのが好きな人がいた時にはその人がぼっちというわけではないのかもしれません大天才の可能性もあります
プレッシャーを感じる頭のいい人は周りの人が理解できないものを見つけたり感じ取ったりすることができます
ですから人生の向かうべき方向を彼らはよく知っているんです
どうしてこの方向は時々周りの人の方向とは一致しません頭のいい人は自分はまだまだこんなもんじゃないと思うんです
もっと稼いだりキャリアアップしたりもっと良い人間関係を求めたりと同時に彼らは常にプレッシャーを感じるんです知能の高い人は目標にそぐわない行為をさせられるたびに自分が時間や労力を無駄にしていると感じます
自分自身にプレッシャーを感じそれが日々大きくなっていくんです
理想と違う自分を見つけた瞬間彼らは自分を責め自分はダメだと思い始めます
よく妄想する妄想も知能の高さの証明
ジョージア工科大学の研究では妄想とその人の脳の効率の相関関係が示されました
研究の被験者は何かに5分間集中する課題を出されましたその間脳は MRI によりモニタリングされました
その後彼らは知能テストと注意力を計測するテストを受けさせられました
テストのスコアが高かった人達は簡単なタスクをこなす最中頭がお留守になっていた人たちだったんです
どんな考えも受け入れられる知能が高い人は新しい考えやチャンスに恵まれた時意固地にはなりません
別の解を探そうとしてみたりその他の人の視点を知ろうとするんです
心理学者等によると他人の考えにオープンで様々な視点を分析できる人は知能テストで高い点数を取る傾向にあるんです
同時に様々な意見を考えた末頭のいい人は自分が賛成するアイディアをそのまま鵜呑みにするということはしません
ただ信じるということはせずその確たる証拠を探そうとします
自制心が効く
頭のいい人が凡人の群れたら際立つもう一つの秘密が衝動を抑える力行動を計画しゴールを設定し様々な作戦を練りその結果をよく考えます
2009年サイコロジカルサイエンス誌に掲載された研究では知能と自制心の相関関係が言及されていました
著者は知能の高い人は前頭前皮質が発達していると信じていたようです 後の脳の一部は難問を解決したり自声を聞かせることを司ります

この記事へのコメント